MENU

代表挨拶
代表挨拶

代表挨拶

このたびは、アンダンテの採用サイトにお越しいただきありがとうございます。
まず最初にお伝えしておきたいのは、
私たちアンダンテは、介護の会社ではなく、障害福祉や保育の会社でもない、ということです。
私たちは「地域社会の課題解決を行う会社」です。

創業のきっかけ

⼤学卒業後、私は全国の中⼩企業をお⼿伝いする経営コンサルティング会社に⼊社しました。地⽅の経営者の⽅とお話しする機会が多い仕事で、入社してすぐ北海道の札幌支店に配属となりました。
少し前まで学生だった私には地方の経営者が何を考えているかなど想像はつかず、みんな全国展開などをしたいんだろうな、東京に進出したいんだろうな、くらいに思ってました。ところが、実際はそうではなく、⾃分たちの事業で地元を盛り上げたい、地域に貢献をしたい、という想いをもっている経営者の方たちがたくさんいました。
そういった⽅たちとの出会いから、そのうち、私も⾃分の⽣まれ育った地元にもっと貢献する会社を作りたいという想いが強くなり、2011年、横浜で創業しました。

私たちが⽬指していること

アンダンテという社名は、企業理念でもある「安⼼で暖かい街づくり」を担う⼿、「安」「暖」「⼿」に由来します。私たちの考える「街づくり」とは、地域が抱える課題の解決をとおして、誰もが安⼼して過ごせる街にすることです。様々な困りごとを抱えながら暮らす⼈々に、事業としての解決策を提⽰する、それが私たちの使命です。
「介護の担い⼿がいない」「放課後の居場所がない」「預ける保育園がない」…など、⼀つ⼀つの困りごとに対して必要な事業に取り組んできた結果、創業から現在まで10を超える事業を⽴ち上げることとなりました。
また、新しい事業を始めたとしても、提供できる地域が限られていては本当の街づくりとは言えません。今は、神奈川県内すべての地域で私たちのサービスが届く状態にしたいと考え、立ち上げたそれぞれの事業の提供エリアを県内全域に広げようと思っています。

一例をあげると、当グループの「toiro」という放課後等デイサービス事業では「神奈川県内のすべての小学校中学校に送迎がいける状態をつくる」という目標を掲げて、県内各地に教室を作っています。今では県内の90%以上の小中学校や特別支援に送迎がいける状態になっています。最終的には100%を目指していますが、そうなると人口が少なく、採算の合わない教室を作る必要もでてきます。そういう地域こそ誰も教室を作ろうと思わない地域ですので、本来必要とされているはずです。私たちは複数の教室を運営しているので、採算が合わない地域があっても事業全体として採算があっていれば続けることができます。
そういった工夫をしながら、私たちが行うすべてのサービスをどこにいても届けられるようにしたいと思っています。

試行錯誤を繰り返しながら、地域の課題解決ができるサービスをどんどん立ち上げ、地域のインフラのようにそれらサービスを地域全体に届かせられている状態を作ること、これこそが私たちが目指している姿です。
住みやすい地域だから人が集まり、出生率があがり、街は発展していくのだと思います。人口減少が進んでいる地域はたくさんありますが、そういった地域でも私たちのサービスを通して、安心して暮らせる人が増え、結果として人口増加に役立つことができたら、私たちにとってはこれ以上ない喜びです。

何をするかより誰と働くか

地域に必要とされる限り今後も事業を増やしていく予定ですが、大前提としてアンダンテでは「何をするかより誰と働くか」という方針を掲げています。
私がコンサルタント時代から感じていたこと、それは同じビジネスモデルでも企業によって業績は全く異なり、働く人や組織に大きく影響を受けるということでした。
どんな人が、どんなチームを作って働いているか。企業にとってはそれが非常に重要だという事実です。
私たちは複数の事業を行っていて、もちろんどの事業も大切な事業でそれぞれに対し想いをもって運営していますが、それぞれの事業をしっかりと成立させるためには、結局、そこに関わる「人」が最も重要だと考えています。
どんな人と一緒に働くかは私にとっても会社にとっても非常に大事なことです。集まっていただけたメンバーと同じ目的に向かって一緒に進んでいきたいと思っています。
私たちの目指す未来に興味をもっていただけたら、ぜひ一度ご連絡ください。

プロフィール

アンダンテ株式会社 代表取締役 畠山大志郎
1983年生まれ 神奈川県横浜市出身
2007年、慶應義塾大学経済学部卒業後、経営コンサルティング会社に入社。中小企業の経営支援に従事。
2011年1月、アンダンテ株式会社設立